2019/03/23

馬力:250ps / トルク:33kg-mのH-D Dyna!!


兵庫県のクスノキカスタムワークスさんで製作したドラッグレース用ダイナです。
S&S143” + ProCharger + ナイトロスオキサイドシステムで馬力250ps、トルク33.34kg-m!!
驚くべきことは、このパワーをインジェクションシステムとナイトロスシステム用モジュールを使用してコントロールできていることです。
この数字でも設定している状態の80%です。

ナイトロスシステムは、もちろんウェットショットで亜酸化窒素とガソリンの供給をNOSコントロールモジュールで制御しています。

スーパーチャージャーはProCharger製です。これにDas PerformanceのOne wayプーリーを使用。

これだけのパワーをリヤタイヤに伝える役目をしているのがAIMのCF2クラッチです。
エンジンの仕様、ドラッグレースやスピードトライアルやストリートなどの使用目的に合わせて無限に設定可能な高性能クラッチです。

これだけのドラッグマシンを製作、システム構築、制御を行うには高い技術と知識が必要です。クスノキカスタムワークスさんの高い技術を窺い知ることができます。

クスノキカスタムワークスさんは、今年の8月にユタ州ソルトフラッツで開催されるボンネビルスピードトライアルで最高速に挑戦する予定です。

2019/03/11

ミルウォーキーエイト・ソフテイル (Milwaukee Eight Softail)用 HPIエキゾーストシステム



インジェクション用の高性能スロットルボディで有名なHorsepower, Inc (HPI)が製作したミルウォーキーエイトのソフテイルモデル用 (M8 Softail)のレーシングエキゾーストシステムです。
ミルウォーキーエイト用で、これほどアグレッシブなデザインのエキゾーストシステムは他には無いかと思います。
O2バングも裏側と表側に設けられているのでワイドバンドO2センサーも簡単に取り付けられます。
ステンレス製。
現在のところ、カタログでも販売されていないレアマフラーです。
おそらく日本にあるのは、これ1本だけだと思います。

ご興味のある方は、HRDまでお気軽にお問い合わせ下さい。

2018/04/21

テクノリサーチ社来日!Joints Cuctombike Show


4/29日に愛知県のポートメッセ名古屋で開催されるJOINTS CUSTOMBIKE SHOWに出展します。
今年は、アメリカからディレクトリンクEFIチューニングキットのテクノリサーチ社が来日予定です。
また、HRDのブースではディレクトリンクチューニングキットをはじめ、ミルウォーキーエイト用のカム、ビッグボアキット、シリンダーヘッド、ツインカム用のパフォーマンスパーツなど展示しております。

フューエルインジェクション、ハーレーのパフォーマンスアップについての疑問や悩み、ご質問などありましたら、是非HRDのブースに立ち寄ってください!!
ディレクトリンク以外のチューニングキットでも問題ありません!!
ご質問にお応え致します!!

ポートメッセ名古屋までのアクセス: 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2 

2018/04/19

ミルウォーキーエイト用Burn's Stainless 2:1エキゾーストシステム!!

アメリカのレーシーンで有名なBurn's Stainlessから待望のミルウォーキーエイト用エキゾーストシステムが完成しました!!
エンジンの仕様に合わせてヘッダーパイプのサイズが2種類用意されています。
1 7/8" - 2" - 2 1/8"と2" - 2 1/8" - 2 1/4"です。
写真は、1 7/8" - 2" - 2 1/8"のヘッダーパイプになります。


NHRAやNASCARなどのレース用を専門に手掛けている会社がデザインしているのでフロントとリアの長さや取り回しも考えられて設計されています。
集合部分は、3インチあります!!


これ以上ない極上のレース用エキゾーストシステムです。

ご興味のある方は、HRDまでお気軽にお問い合わせください。

2017/12/12

HRDストリームラインシート!!


HRDオリジナルのストリームラインシート (Streamline Seat)を作成しました! ありそうでなかったシートカウルスタイルです。

サイドからの外観はサドルバックのラインに合わせてデザインしております。
2009年以降のツーリングモデル(純正リアフェンダー)に適合します。
素材はグラスファイバーになります。
塗装はされておりませんので、お好みのカラーにペイントして下さい。
シートは、スポンジまでは貼っている状態です。
革は張っておりませんので、お好みのデザインで専門業者にて革貼りをお願いします。
この商品は、受注生産になります。
ご興味のある方は、HRDもしくは、お取り扱いショップまでお問い合わせください。

2017/09/16

ミルウォーキーエイトのオイルポンプがアップデートされました!!

カム交換やボアアップなどでツインカムに比べ大幅に馬力/トルクを上げることが可能なミルウォーキーエイト!!
2017年モデルから2018年モデルでオイルポンプがアップデートされました。

旧オイルポンプ:

アップデート後のオイルポンプ:

確認したところ、オイルプレッシャーレリーフバルブの経路が変わっています。
ここは、油圧をコントロールしている重要な部分です。

また、オイルポンプ自体のサイズに変更はなかったのですが、オイルポンプハウジングに加工されているオイルの通路が旧オイルポンプよりも深く削られており、より多くのオイルが流れるようになっています。

おそらく、オイルポンプの容量は足りていたと思われるのですがオイルの通る経路が小さ過ぎて十分な流量が確保できていなかった可能性が考えられます。

ハーレーダビッドソンからは、2017年モデルの場合は排気量アップなどで馬力/トルクを上げた場合にオイルポンプの交換を推奨しています。

ミルウォーキーエイトは、ポテンシャルの高い、楽しみなエンジンなので油圧は特に配慮したいですね。

HRDでは、アップデートされた新しいオイルポンプ(空冷用/水冷用)を在庫しております。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。

2017/06/18

ハーレーのニューエンジン”ミルウォーキーエイト( Milwaukee Eight)”の可能性!!Part5

先日、兵庫県のクスノキカスタムワークスさんで2017年CVO114"のミルウォーキーエイトのチューニングを行いました。
ステージ1(マフラーとエアクリーナー)とステージ2(ステージ1+T-man216カム)の2タイプを行いました。

結果は、以下になります。
ステージ1:馬力90.37ps / トルク15.41kg-m
・D&D Billet Cat 2:1 Exhaust System
・T-man Zero Loss Air Cleaner
・DirectLink Flash Tuning
吸排気のセットアップとしては、ベストな選択のマフラー、エアクリーナーです。吸排気のみ交換した車両としては、トップクラスの良い馬力/トルクが出ています。
低回転からトルクが出ており乗りやすい感じですが、トルクが3000回転を超えた辺りから低下していきます。その為、パワーは伸び悩んだ感じです。

ステージ2:馬力115.81ps / トルク15.66kg-m
・D&D Billet Cat 2:1 Exhaust System
・T-man Zero Loss Air Cleaner
・T-man 216-PS Camshaft
・DirectLink Flash Tuning
次にカムをT-man 216-PS Camに交換してチューニングを行いました。
結果は、驚きの25馬力アップです!!
吸排気を交換した状態からの25馬力アップは、驚異的です!
ツインカムエンジンでは、まずありえない馬力上昇です。
MAXトルク自体は、大きく上がっていませんが高回転までトルクを維持しています。

ステージ1とステージ2を比べたダイノシートです。
その差は、一目瞭然です!
ミルウォーキーエイト(Milwaukee Eight)でカムを交換しないのは非常に勿体ないということが言えます。

ご興味のある方は、HRDまでお気軽にお問い合わせください。